この写真は私の大好きなプードル犬のメロです。

10歳までお年玉を貯めた通帳を持って、

知合いのブリーダーさんのとこへ行きました。

「この通帳で買える、お利口でかわいい犬をください」

そうして、出会ったのが、メロでした。

19年と10ヶ月の人生を生きました。

 

 

 

目は見えなくなり…認知症のようになり…

本人もとても疲れたように…でも頑張って、

命の限り生きようとしていました。

私はそばで介護をしました。

そんな中、不思議なできごとが起こります。

死んでしまう2週間前に、メロは記憶を取り戻したかのように、

活き活きをし始めたのです。

声をかければ反応して、しっぽをふりふり、足を引きずりながら近寄ってきます。

「奇跡って……起きるんだ」

私も、母も、涙が止まりませんでした。

メロ……そうか、そうか、ありがとね。

 

 

そして、メロは最後は私の母にだっこされながら、亡くなりました。

私はメロと出会ってなければ……今このような生き方はしていないと思います。

 

 

 

私は動物達の事を話す際に、たまにこんな事を言われるとがあります。

「強い者が弱い者に勝つんだよ。それが宿命だよ。」
ここで言う強い者とは人間で、弱いものにとは動物の事を指しています。

確かにその通りだと思います。
動物に限らず、それは社会においてそういうものかもしれません。
でも、私はそれと同時にこう思うのです。

「強い者が弱い者を守るのだって、宿命のはずだ」と。

 

動物の事をどう捉えるかは人それぞだと思います。
さらに言えば、何に熱を持ち自らの行動に繋げるかも人それぞれです。

たまたま私という人間は、彼らの事が気になって仕方ないから、

このような発言をし行動をしているに過ぎません。
それはこうして、私のお店Carnivalを訪ねてくれる方や、

私の舞台を観に来てくれる方に伝えるという行動に繋がります。

上記で述べた「守るの」という言葉はとってもカッコイイ言葉ですが、
私自身、それについてまっしぐらかと言えばそうではありません。

迷うこともあるし、ぐらつくこともあるし、絶望することもあります。
でも、またやり直します。何度でもやり直します。

そうやって「守る」ってどういうことなんだろう……

と自問自答を繰り返します。
なぜなら、正義や悪の定義はないからです。
人は信じたい事を正義にするし、否定したい事を悪にするのだと思います。
だから私は、「信じたい未来」がそこにあるなら、

もしそれに手が届くかもしれないなら、

それを自分自身の正義だと信じて、

やってみています。

 

皆さんにとっての信じたい未来とは、どんなものですか?

 

動物愛護法の改正の時期がくるそうです。

JAVA さんのホームページにて知りました。
下記のホームページで詳しくご覧になれます。

 

【NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)】の

HPをご覧ください⇒ 

 

 

日記担当:Rumico


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 新作イラスト☆うさぎさん
    くまごろう
  • 【2017年6月】舞台公演!
    ゆか
  • CAAC 動物のための【おともだち相談所】 Concern for Animals: Advice Center
    きょうこ
  • 個展【動物と戦争】が無事に終わりました!
    きょうこ
  • 個展前日☆
    ゆうこ
  • 頑張ること。
    ゆうこ
  • Carnival(カーニバル)1周年♪
    きょうこ
  • 【動物と戦争】個展に向けての第三弾!
    きょうこ
  • 【スタジオCAN】早稲田 さらに更新しました!
    Sugimoto
  • 絵本雑誌【月刊MOE 5月号]に掲載されました!!
    なか

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM